MENU

歯周病治療

Periodontal disease

診療時間表

PERIODONTAL DISEASE歯周病

歯周病の概要

歯周病は虫歯とは違い、歯ぐきに炎症を起こす病気です。歯を支える骨や歯ぐきに炎症を起こすことにより、歯がぐらぐらして抜歯になってしまう可能性があります。

こんな症状はありませんか?

以下の症状にあてはまる方は、歯周病の可能性があります。
お早めにご相談ください。

  • 朝起きた時に、口の中がネバネバする
  • 歯がグラグラする
  • 歯が浮いているような気がする
  • 歯茎が赤く腫れたり、出血がある

歯周病の進行

軽度歯周病

軽度

歯ぐきに炎症が起き、腫れてきます。歯と歯ぐきの間の「歯周ポケット」が深くなり、痛みはまだありませんが、ブラッシング時に出血することがあります。

中等度歯周病

中等度

炎症が進行し、歯周病菌が顎の骨を溶かしていきます。歯周ポケットが深くなり、歯がグラグラし、揺れ始めます。

重度歯周病

重度

顎の骨が半分以上溶けています。
歯周ポケットがかなり深くなてしまっています。歯ぐきからは出血や膿が出て口臭も増します。ここまでくると、最終的に歯は抜け落ちてしまう可能性があります。

歯周病の検査・治療

まずは歯周病の検査を行います。その進行状況により衛生士によるクリーニング、ブラッシング指導を行い、その後より精密な検査を行います。
その検査結果により、歯周ポケットの深いところのクリーニングを行う流れになります。
それでも治らない状況になってしまっている場合には歯周外科処置を行っていきます。

歯の頭が虫歯で大きく失われてしまい、被せ物は難しいが、根っこはしっかりしているという場合、抜歯せずに歯を保存できる可能性があります。

クラウンレングスニング(歯冠長延長)

クラウンレングスニング(歯冠長延長)

これは、歯の周りの骨や歯ぐきを少しだけ取り除いてあげることにより、埋もれてしまっている歯を歯ぐきの上に出してあげる方法です。

エクストゥルージョン(矯正的てい出)

エクストゥルージョン(矯正的てい出)

これは、埋もれている歯にワイヤーを掛け、ゴムの力で引っ張りあげる方法です。