MENU

審美歯科・入れ歯

Cosmetic Dentistry

診療時間表

COSMETIC DENTISTRY審美歯科

審美歯科の概要

審美的歯科治療とは、歯や口元の見た目を美しくより自然にするための歯科治療です。保険治療でも虫歯で歯を削ることになったり、抜歯することになった部分を咬めるようにすることはできますが、材料などに制限があり、見た目等も自然な色や形に出来ない場合があります。

歯は他人から見られることも多く、審美的な歯科治療で口元を自然に見せてあげることにより、自分に自信を持て、生活の質の向上にもつながります。

審美歯科を必要とする方

現在使用されている材料としてはセラミックがあり、より自然に美しく口元を再現することができます。
また、セラミックには他にも多くのメリットがあります。

メリット

1.より天然歯に近い色、透明感を再現できます。

2.時間が経っても変色を起こさない。

プラスチックを使用している詰め物は吸水性があり、経年的に変色を起こしてしまいますが、セラミックには吸水性が無いため長い年月が経っても変色を起こすことはほとんどありません。

3.虫歯や歯周病になりにくい

セラミックは表面がきれいで、傷が付きにくく、汚れが付着しにくいため虫歯や歯周病になりにくくなっています。また、適合もよく、歯の健康を保ちやすくなります。

4.安全性に優れている

セラミックは、変質を起こしにくく、金属やプラスチックを使用していないためアレルギーの心配がありません。

デメリット

1.保険適応できない

2.セラミックは金属よりも材料の厚みが必要となるので、少し削る量が多くなる

当院の審美歯科治療について(保険適応外です)

セラミック治療には歯の一部を削るインレーと全体を被せるクラウンがあります。

インレー

歯の一部が虫歯で失ってしまい、部分的にセラミックで覆う治療です。一部分を削るため、残った歯の色に合わせて作製します。

セラミックインレー

審美的、強度にも優れていて、歯と接着させるセメントと相性が良く、適合制度も良いので、二次的な虫歯になりにくくなります。

セラミックインレー

料金 42,000円

クラウン(被せ物)

歯を大きく失ってしまい、全体を被せなければならない場合に行います。隣の歯の色に合わせて作製していくためより自然な色にすることができます。

ジルコニアクラウン

人工のダイヤモンドで出来ており、強度に優れ、審美的にも非常に優れています。また、金属を使用していないため、金属アレルギーの心配がありません。

ジルコニアクラウン

料金 90,000円~115,000円

レーザークラウン

金属の土台の上にセラミックを貼り付けてあるものです。金属を使用していますが、非常に審美的にも優れています。保険の金属に比べ、アレルギーの出にくい金属を使用しています。

レーザークラウン

料金 80,000円

光学印象(カメラで撮影して型取りをする方法)を行なっております

光学印象はカメラで撮影を行うことにより、型取りをすることができる装置です。カメラで撮影することとにより従来の型取りのようなストレスを軽減させることができます。

  • 光学印象
  • 光学印象
メリット

1.型取りの時のストレスを軽減できる。

2.嘔吐反射のある人でも型取りがやりやすい。

3.その場で3D画像としてみることができる。

デメリット

1.虫歯が歯ぐきの下まで及んでいるものは適応できない(カメラで読み込めないため)金属の型取りはできない。

DENTUREホワイトニングとは

ホワイトニング概要

ホワイトニングは専用の薬剤を使用し、歯を明るく白くするものです。
歯を削るわけではないので、身体に対するダメージはほとんどありません。

こんなお悩みがあれば、ご相談ください

歯が黄ばんできた、着色している方にお薦めです。

  • 年齢とともに歯が黄ばんで来た方
  • 日常生活による歯の黄ばみを白くしたい
  • さし歯だけ色が違う
  • 黄色っぽい歯を白くしたい

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングです。
高濃度の薬剤を使用するため効果がすぐに出るので、早く白くしたい方にお薦めです。

ホームホワイトニング

ご自宅で行うホワイトニングです。専用のマウスピースを型取りし、ご自身の好きなタイミングで行うことが出来ますが、濃度の低い薬剤を使用するため効果が出るまでにやや時間がかかります。また、ご自身で使用時間を調節できるので、好みの色に出来ます。

マウスピースは再利用できるので、好きな時に再開することが可能です。

料金 33,000円

DENTURE入れ歯

入れ歯の概要

入れ歯は歯を失い、ブリッジやインプラントが難しい場合に歯の代わりとして使用されるものです。

当院の入れ歯治療について

入れ歯の種類

入れ歯には保険適応のものと保険適応外のものがあります。
その種類により見た目、装着感に大きな差が出てきます。

保険診療の入れ歯

保険診療の入れ歯は、費用を最小限に抑えることができますが、使用できる材料に制限があるため金属のバネが見えてしまったり、装着時の違和感などがあります。

レジン床義歯
レジン床義歯(保険適応)

歯科用のプラスチックであるレジンで土台(床)を作ります。保険診療のため治療費が安く、適用範囲は広くほとんどの症例に使用することが出来ます。デメリットは、入れ歯を支える金具が目立ってしまうこと、強度を確保するために土台の厚みを持たせることで使用時に違和感が出てしまうことです。

保険外診療の入れ歯

保険外診療の入れ歯は、費用は高額になりますが見た目が自然で装着時の違和感を少なくすることができます。

ゴールド床入れ歯
金属床義歯

金属を多く使用することで限りなく薄く作製出来るため、装着時の違和感を抑えることができます。また、熱を伝えることができるため、食事がより美味しくなると言われています。
使用する金属にも種類があり、その金属の種類により重さや金属アレルギーなどにも対応できます。

料金 35万~40万
チタン床義歯
チタン床義歯

チタンで土台(床)を作ります。チタンはインプラントなどにも使用されており、体の中に埋め込むことが出来るほど安全性の高い金属で、軽く安心して長く使用できます。

コバルトクロム床義歯
コバルトクロム床義歯

コバルトクロムで土台(床)を作ります。コバルトクロムは義歯素材として長い歴史のある安心できる素材です。耐久性と快適性に優れており、金属床の中では比較的安価で製作できます。

ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー

本来金属で作られるバネの部分を歯ぐきと同じ色の樹脂で作られており、目立ちにくく、軽く弾力感があるため装着時の違和感が少ないことが特徴です。金属を使わないので金属アレルギーの心配はありません。

料金 15~30万
マグネットデンチャー
マグネットデンチャー

被せ物は難しいが歯の根がしっかりしているものに磁石を装着し入れ歯を磁石の力で吸着させるものです。そのため、外れにくくなるという特徴があります。
見た目は自然で、残った歯の根元を利用できるので装着時の違和感が少ないです。